ボタンホールを作り、ようやく完成しました。短めの袖で、袖口が約38㎝ある太めのデザインです。
綿デニムで裏なしなので、見返し奥もミシンで縫いつけてしまいました。でも全然見えませんね。
毛糸を入れた袖口とポケットは、写真でもなんとなくわかりますか?
b0241007_14305277.jpg
b0241007_14312763.jpg
b0241007_14323991.jpg
毛糸を2列とか3列入れたら、もっと目立ちますね^^

今日もありがとうございます♪



[PR]
糸の色を合わせたら、すっかりなじんで、せっかくのダブルステッチが全く目立たない状態になりました!
そのままでは、ちょっと面白くないので、中に毛糸を通すことにしました。
b0241007_10572988.jpg
b0241007_10591437.jpg
今回は4本くらい通します。手持ちの大き目の針でステッチの間に通します。
b0241007_11031251.jpg
b0241007_11035652.jpg
ぷくっと立体感が出て見た目が大分変りました。
この技法をポケットと袖口に施します。
今日はここまでです^^

いつもありがとうございます♪


[PR]
作りかけになっていたジャケットを出して再び取りかかっています。
春頃ドレーピングでパターンを作り、ベージュのデニムで縫っている途中でした。
ポケット布にはチャコで×が付いていますが、何が×だったか思い出せないほど放置していましました!
袖口から9㎝の所と、ポケット口に5㎜間隔のステッチをしていて、それが全く目立たないので中に毛糸を通して立体感を出そう!と思った記憶はあるのですが…^^
完成したらまた写真を載せるつもりなので、よかったら見にきてくださいね♪
b0241007_15081195.jpg
b0241007_15224194.jpg
b0241007_15232510.jpg
5月の記事に「ちょっとバタバタしているので、ブログの更新が7月いっぱいまでゆっくりになります」と書きました。
↑の写真の手芸に没頭していたことも理由の一つなんです。この手芸のことも落ち着いたら書きたいと思います♪

今日もありがとうございます^^

[PR]
1946年に創刊し、1960年まで続いた伊東茂平さん監修の雑誌をご紹介します。のちに改名し、MODE et MODEとなりました。
伊東茂平さんは、1967年に2月にお亡くなりになりました。50年経つので、著作権侵害にもうならないのかなと思いますので、雑誌の中のステキなスタイル画の写真を少し載せさせて頂きました。とてもいきいきとした絵で、見入ってしまいます。一つ一つの表情もいいし、昔のフランスの本を見ているような印象で、この雑誌をリアルタイムで読んでいた方々はおしゃれだったのだろうなぁと思います。
私の母は、みたことないと言っていました。残念。

b0241007_15582752.jpg

b0241007_16013390.jpg

b0241007_16022306.jpg
今日もありがとうございます♪


[PR]
白いリネンでゆったりブラウスを作りました。前あきの処理ですが、
まず、ループを仮止めしておきます。それからバイアスに切った布を二つ折りにして端に縫い付け、裏側に倒して縫っています。
細く仕上がるし、くるむよりは楽だと思いますよ^^
b0241007_12320245.jpg

b0241007_12362837.jpg

b0241007_12392590.jpg

b0241007_12395474.jpg
久しぶりの更新になってしまいました。
今日もありがとうございます♪読んで下さったあなたに、感謝しております。




[PR]
こんにちは^^

今年の初めのことですが、家で使用していたJUKI職業用ミシンの
糸切りカムという部品に亀裂ができてしまいました。
ミシン屋さんに相談しましたが、私の型だと部品在庫がないので修理できないと言われてしまい、いろいろ考えた結果、新しいミシンを購入することにしたのです。デニムなど厚手の生地を縫うのも好きな為、力不足も感じていたので、もっと満足できるミシンを探しました。
b0241007_1557271.jpg


全国ミシン商工業協同組合連合会の推奨品 ジャノメ HS85-DXです。

前のJUKIより大きいし、重いし、音も大きいし、価格も上です。マイナス面を先に書きましたが、

最高に気に入っています♪

縫い目の安定感、力強さ、使い始めて約半年ですが、いいミシンだなぁと実感しながら縫っています。JUKIにもいいミシンがあると思いますが、私のは割と安いランクのミシンだったので、
ミシンによってこんなに縫い目がちがうんだなと驚きました。

いろいろ試してみるべきですね!
あと、メンテナンスも大切ですね。

大切に使い続けたいと思います。

今日もありがとうございます♪

にほんブログ村
[PR]
前に角度が付いた大きなタック、後ろはギャザーのスカートを作りました。
コットンですが何かの加工がしてある為、ポリエステルタフタのような張りと光沢がある変わった生地です。1年くらい前に日暮里で購入しました。W幅ですが一丈分しかないので、どう使ったらいいものかと考えて、この形になりました。
b0241007_13121567.jpg

苦肉の策です。
b0241007_13221310.jpg

結局後ろだけ縫い合わせることにして、長方形の布をそのまま体に合うように形づくるイメージです。
裏はサイドスリットにして付けました♪

今日もご訪問頂きまして、ありがとうございます^^
今年になって、なるべくまめに更新しよう!と心に決めたのですが、ちょっとバタバタしておりまして、7月いっぱいまではかなりゆっくりの更新となってしまいそうです。
どうぞ、よろしくお願いします。

つたない私のブログを読んでくださっているあなたに感謝しております。
ありがとうございます♪


にほんブログ村
[PR]
文化服装通信の記事を検索して、このブログを訪れてくださる方が多くいらっしゃいます。
ありがとうございます♪
今日はパターンコースの修了作品を載せたいと思います。1/2スケールで作るので、日常では着ないようなデザインにしました。なんとなく、その方が気分転換になって楽しいんじゃないかなと思ったんです^^
b0241007_2365336.jpg

着る人を、もっと美しく、輝かせることのできる服が目標です。
100%満足な出来ではなかったけれど、精一杯やっていたと思います。
b0241007_2371133.jpg

b0241007_2372826.jpg

b0241007_237525.jpg

b0241007_238915.jpg

一生懸命考えて作品を作るって、楽しいことです。

今日もお付き合い、ありがとうございます♪


にほんブログ村
[PR]
以前に載せたボーカラーブラウスはきちんとリボン結びができる長さにしたのですが、今回は短めでラフに結ぶ感じにしてみました。
b0241007_13244930.jpg

綿素材の透け感のある布なんです。
b0241007_13304890.jpg

b0241007_13345676.jpg

前後の長さに軽く差をつけた袖口。
最近の既製服だと、もっとぽわんとさせて、後ろが長いものが多いですね。それもかわいいと思います♪
b0241007_13422260.jpg

袖のパターン(縫い代込み 左側が後ろ、右側が前)です。この程度だと写真のような感じになりますよ。
b0241007_1346283.jpg


b0241007_13494782.jpg

紺色のブラウスを作る前に、試作として手持ちのポリエステルで作りました。袖を付ける前の途中段階の方が可愛かったなぁと思った私。その写真も載せておきます^^

今日もありがとうございます♪

にほんブログ村
[PR]
先日作ったデニムジャケットにも使用したタックボタンのお話です。
このボタン、特別な打ち具は必要ないのがいいところ。
今回は新宿のオカダヤさんで購入しました。5個入りです。
2種類のパーツが入っています。表に出るタックボタンと、裏側から差し込む鋲(リベット)です。
b0241007_11151548.jpg

リベットの先端は尖っていますので、簡単に布に刺すことができると思います。刺しにくい時は目打ちを使って穴を広げて下さい。
b0241007_11225389.jpg

タックボタンを被せてみると、浮いている感じがわかります。
b0241007_1129577.jpg

逆さにして裏側から木づちなどでたたきます。リベットの先端が潰れて、浮いた感じがなくなれば完成です。
b0241007_11305128.jpg

ボタンホールは通常通りあけますが、ボタンの元の部分が太いので、鳩目のボタンホールにします。
b0241007_11342727.jpg


白いタックボタンも売っていました。これからの季節にぴったりの
さわやかな服ができそうですね♪

今日もありがとうございます^^


にほんブログ村
[PR]