こんにちは。今日は少し寒いですね。
衿なしジャケットをデニムで作りました。昨日着ていたもので、袖に着用じわがありますね^^
一年ほど前、ドレーピングする時にセットしていた肩パッドが高すぎて、いかり肩っぽくなってしまったウールのジャケットがあって、
そのパターンを修正して作りました。
今回かためのデニムで作ったのは、シルエットの問題点を明確にしたいと思ったから、と材料費がお安いからなんです。
上質な生地で作るのはいいことだと思うのですが、今一つなものができた時に、生地に申し訳なく、もやっとした気持ちになってクローゼットへ取りあえず吊るすことになり、正直たまってつらくなりました!!
このデニムはアウトレットのエドウィンで1000円ほどなので、シーチングがわりという感じで割り切って使ってます。
生地が垂れないので、肩線やアームホールがよくわかるなぁーと思います。
もちろん、柔らかい素材で作る時はその辺を考慮してパターンを作り直さないといけませんけどね^^
b0241007_13151950.jpg
b0241007_13155431.jpg
b0241007_13172844.jpg
おまけ画像は最近気に入っているピアスです。
使いやすい色合いに出来たので、しょっちゅう着けています。もっといろいろアレンジをして、手づくり市なんかで販売したいなーと野望をいだいております♪
どうでしょうか??予定はまだありませんけどね^^

今日も最後までお付き合い下さいまして、ありがとうございます♪



[PR]
私の場合、市販のニットは衿ぐりが大きくて困ることが多かったので、自分で服を作れるようになってよかったなぁと思います。
こんなシンプルなボーダーも、買うと首元がどうも落ち着かないことがよくありました。
まだ9月初旬なのに寒かったりする日があるので、今回は5分袖で、袖口布もつけました。
b0241007_13190396.jpg
b0241007_13200348.jpg
肩線と脇は前後同型なので、裁断さえ気を付ければ柄が合うパターンです。
b0241007_13234802.jpg
衿ぐりはフラットロックで縫いました。裏に伸び止めのテープを半幅に切って貼っているので、よれることもなく、洗濯してもきれいに形をキープできます。
b0241007_13271761.jpg
b0241007_13273818.jpg
b0241007_13280627.jpg
この生地は表面が少し起毛している綿素材で、やわらかくて気持ちがいいんですよ♪
今日もお付き合い下さいまして、ありがとうございます^^

[PR]
先月作った白リネンブラウスですが、飾りを縫いつけ、着ていると楽しくなるブラウスへと変化しました。
袖口と後ろ衿には刺繍をし、ボタンを縫い付けている白糸は、一個おきに油性の赤ペンで塗ってしまいました。
白いブラウスも良かったのですが、たまにはこんな遊びも楽しいです。
ほんとに気分も変わるんですよ^^
縫いつけてある飾りはパラグアイのnandutiというものです。
針を使って織るように作っていくのですが、作るのもとっても楽しいんです♪
8月11日の記事にも写真を載せました。
色がきれいで不思議なほど癒される手芸です。
b0241007_13011174.jpg
b0241007_13013799.jpg

b0241007_13321796.jpg

b0241007_13324949.jpg
b0241007_13331269.jpg
今日もありがとうございます♪





[PR]
ボタンホールを作り、ようやく完成しました。短めの袖で、袖口が約38㎝ある太めのデザインです。
綿デニムで裏なしなので、見返し奥もミシンで縫いつけてしまいました。でも全然見えませんね。
毛糸を入れた袖口とポケットは、写真でもなんとなくわかりますか?
b0241007_14305277.jpg
b0241007_14312763.jpg
b0241007_14323991.jpg
毛糸を2列とか3列入れたら、もっと目立ちますね^^

今日もありがとうございます♪



[PR]
糸の色を合わせたら、すっかりなじんで、せっかくのダブルステッチが全く目立たない状態になりました!
そのままでは、ちょっと面白くないので、中に毛糸を通すことにしました。
b0241007_10572988.jpg
b0241007_10591437.jpg
今回は4本くらい通します。手持ちの大き目の針でステッチの間に通します。
b0241007_11031251.jpg
b0241007_11035652.jpg
ぷくっと立体感が出て見た目が大分変りました。
この技法をポケットと袖口に施します。
今日はここまでです^^

いつもありがとうございます♪


[PR]
作りかけになっていたジャケットを出して再び取りかかっています。
春頃ドレーピングでパターンを作り、ベージュのデニムで縫っている途中でした。
ポケット布にはチャコで×が付いていますが、何が×だったか思い出せないほど放置していましました!
袖口から9㎝の所と、ポケット口に5㎜間隔のステッチをしていて、それが全く目立たないので中に毛糸を通して立体感を出そう!と思った記憶はあるのですが…^^
完成したらまた写真を載せるつもりなので、よかったら見にきてくださいね♪
b0241007_15081195.jpg
b0241007_15224194.jpg
b0241007_15232510.jpg
5月の記事に「ちょっとバタバタしているので、ブログの更新が7月いっぱいまでゆっくりになります」と書きました。
↑の写真の手芸に没頭していたことも理由の一つなんです。この手芸のことも落ち着いたら書きたいと思います♪

今日もありがとうございます^^

[PR]
1946年に創刊し、1960年まで続いた伊東茂平さん監修の雑誌をご紹介します。のちに改名し、MODE et MODEとなりました。
伊東茂平さんは、1967年に2月にお亡くなりになりました。50年経つので、著作権侵害にもうならないのかなと思いますので、雑誌の中のステキなスタイル画の写真を少し載せさせて頂きました。とてもいきいきとした絵で、見入ってしまいます。一つ一つの表情もいいし、昔のフランスの本を見ているような印象で、この雑誌をリアルタイムで読んでいた方々はおしゃれだったのだろうなぁと思います。
私の母は、みたことないと言っていました。残念。

b0241007_15582752.jpg

b0241007_16013390.jpg

b0241007_16022306.jpg
今日もありがとうございます♪


[PR]
白いリネンでゆったりブラウスを作りました。前あきの処理ですが、
まず、ループを仮止めしておきます。それからバイアスに切った布を二つ折りにして端に縫い付け、裏側に倒して縫っています。
細く仕上がるし、くるむよりは楽だと思いますよ^^
b0241007_12320245.jpg

b0241007_12362837.jpg

b0241007_12392590.jpg

b0241007_12395474.jpg
久しぶりの更新になってしまいました。
今日もありがとうございます♪読んで下さったあなたに、感謝しております。




[PR]
こんにちは^^

今年の初めのことですが、家で使用していたJUKI職業用ミシンの
糸切りカムという部品に亀裂ができてしまいました。
ミシン屋さんに相談しましたが、私の型だと部品在庫がないので修理できないと言われてしまい、いろいろ考えた結果、新しいミシンを購入することにしたのです。デニムなど厚手の生地を縫うのも好きな為、力不足も感じていたので、もっと満足できるミシンを探しました。
b0241007_1557271.jpg


全国ミシン商工業協同組合連合会の推奨品 ジャノメ HS85-DXです。

前のJUKIより大きいし、重いし、音も大きいし、価格も上です。マイナス面を先に書きましたが、

最高に気に入っています♪

縫い目の安定感、力強さ、使い始めて約半年ですが、いいミシンだなぁと実感しながら縫っています。JUKIにもいいミシンがあると思いますが、私のは割と安いランクのミシンだったので、
ミシンによってこんなに縫い目がちがうんだなと驚きました。

いろいろ試してみるべきですね!
あと、メンテナンスも大切ですね。

大切に使い続けたいと思います。

今日もありがとうございます♪

にほんブログ村
[PR]
前に角度が付いた大きなタック、後ろはギャザーのスカートを作りました。
コットンですが何かの加工がしてある為、ポリエステルタフタのような張りと光沢がある変わった生地です。1年くらい前に日暮里で購入しました。W幅ですが一丈分しかないので、どう使ったらいいものかと考えて、この形になりました。
b0241007_13121567.jpg

苦肉の策です。
b0241007_13221310.jpg

結局後ろだけ縫い合わせることにして、長方形の布をそのまま体に合うように形づくるイメージです。
裏はサイドスリットにして付けました♪

今日もご訪問頂きまして、ありがとうございます^^
今年になって、なるべくまめに更新しよう!と心に決めたのですが、ちょっとバタバタしておりまして、7月いっぱいまではかなりゆっくりの更新となってしまいそうです。
どうぞ、よろしくお願いします。

つたない私のブログを読んでくださっているあなたに感謝しております。
ありがとうございます♪


にほんブログ村
[PR]